FAST PIC

ホーム肌のメカニズム

 

皮膚は表面から深部へ向かって、表皮、真皮、皮下組織の3つに分かれています。

表皮

厚さ0.2mmほどで、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つに分かれています。 表皮細胞は最下層の基底層で新しく生まれ、少しずつ形や性質を変えながら徐々に上方へと押し上げられ、 一番上の角質層へと達したときに角質になります。角質は垢となって少しずつ剥がれ落ちていきます。 このサイクルのことを『ターンオーバー』といいます。約28日周期で起こりますが、加齢とともにこのサイクルは遅くなります。

ターンオーバー図


 

真皮

表皮の下にある層でコラーゲンやエラスチンといった線維成分とゼリー状のヒアルロン酸という保湿成分が存在し、肌のハリや弾力に関係する層です。これらの成分は線維芽細胞で生み出されます。
お肌の老化は真皮層の劣化によって起こるといわれています。
 


 

皮下組織

皮膚の最も内側に位置し、真皮と筋肉・骨との間にある組織です。ほとんど皮下脂肪でできており、体の体温を保ったり外部からの衝撃を和らげる役割をしています。
また、真皮と表皮が効率よく働けるように支えている組織です。

お肌の断面イメージ